大阪・池田で市川團十郎展――会員10組20人を招待

2021年07月05日 | 募集終了

 江戸歌舞伎を代表する大名跡「市川團十郎(だんじゅうろう)」を役者絵で紹介する「待ってました! 時代をつなぐかぶき者 市川團十郎展」が、10日~9月12日に大阪府池田市の逸翁美術館で開催される。わいず倶楽部会員10組20人を招待する。12日までに申し込む。

 初代の市川團十郎は元禄期に「荒事」を創始。独特の「隈取(くまどり)」や「見得(みえ)」などで荒々しく豪快に勇者を演じ、歌舞伎を象徴する役柄として人気を誇る。市川海老蔵さんが十三代目となる市川團十郎白猿(はくえん)を襲名することになっているが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期されている。

 展示では、「勧進帳」など歌舞伎十八番を制定した七代、美貌(びぼう)で人気を集めた八代、劇聖と呼ばれた九代を中心に、代々の團十郎を紹介する。

写真=国周画「勧進帳」九世市川團十郎の弁慶(中央、1899年、逸翁美術館提供)

内容 市川團十郎展
日時 7月10日~9月12日
逸翁美術館(大阪府池田市)
当選者数 10組20人(応募多数時は抽選)
締め切り 7月12日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • OYS WEBSTORE
  • 学ント
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞