「京の国宝」展に10人を招待

2021年07月19日 | プレゼント

 京都ゆかりの国宝を紹介する特別展「京(みやこ)の国宝」が24日~9月12日、京都市の京都国立博物館で開かれる。わいず会員10人を招待する。26日までに申し込む。

 藤原道長自筆の国宝「御堂関白記」(10~11世紀、京都・陽明文庫、寛弘元年上巻は8月22日までの前期展示、寛弘8年上巻は同24日からの後期展示)は、世界最古の自筆日記として2013年にユネスコ「世界の記憶」にも選ばれている。

 俵屋宗達が描いた「風神雷神図屏風」(17世紀、京都・建仁寺、8月24日~9月5日に展示)は、日本美術や琳派のイメージを象徴する作品として名高い。制作年と場所が明らかな世界最古の琴「七弦琴(法隆寺献納宝物)」(724年、東京国立博物館、後期展示)、日本の禅宗文化を代表する「宗峰妙超墨蹟『関山』道号」(1329年、京都・妙心寺、前期展示)などがずらりと並べられる。

写真=国宝「風神雷神図屏風」(右隻 部分)京都・建仁寺蔵(8月24日~9月5日展示)

内容 「京の国宝」展
日時 7月24日~9月12日
京都国立博物館(京都市)
当選者数 10人(応募多数時は抽選)
締め切り 7月26日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 学ント
  • OYS WEBSTORE
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞