MIHO MUSEUM「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」展に20人を招待

2021年09月20日 | 募集終了

 滋賀県甲賀市の「MIHO MUSEUM」で、12月12日まで、秋季特別展「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」(読売新聞社など主催)が開かれている。わいず会員20人を招待する。

 アメリカ・ミネソタ州のミネアポリス美術館が所蔵している日本美術コレクションから、初めての里帰り作品を含む92件を展示する。俵屋宗達筆と伝えられる「伊勢物語図色紙『布引の滝』」や、伊藤若冲「旭日老松図」、東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)「市川鰕蔵(えびぞう)の竹村定之進(さだのしん)」、葛飾北斎「富嶽三十六景 凱風快晴(がいふうかいせい)」、狩野芳崖「巨鷲図(きょしゅうず)」など、見応えのある作品が並ぶ。申し込みは27日まで。

写真=東洲斎写楽「市川鰕蔵の竹村定之進」=ミネアポリス美術館蔵Bequest of Richard P. Gale Photo: Minneapolis Institute of Art

内容 秋季特別展「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」
日時 12月12日まで
MIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市)
当選者数 20人(応募多数時は抽選)
締め切り 9月27日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • すくすく新聞
  • 学ント
  • 休暇村
  • OYS WEBSTORE
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス