コラージュ、立体、いろんな「顔」――ツペラ・ツペラ展覧会に10人を招待

2021年09月27日 | 募集終了

 絵本を中心に活動している制作ユニット「tupera tupera(ツペラ・ツペラ)」が制作したコラージュや絵本原画、立体作品など様々な「顔」を展示する「tupera tuperaのかおてん.」が11月7日まで、あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)で開かれている。わいず倶楽部会員ペア5組を招待する。10月4日までに申し込む。

 ツペラ・ツペラは、亀山達矢さんと中川敦子さんの2人組で、絵本「しろくまのパンツ」「パンダ銭湯」などの著作がある。NHK・Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアート監修も手がけている。2019年にやなせたかし文化賞大賞を受賞した。

 展示は、絵本「かおノート」などの原画や、10種類の顔をパネルに引き伸ばした「かお10(テン)」、映像作品「かおファイブ」、立体作品「かおカオス」、直径3メートルの福笑い「床田愉男(ゆかだゆかお)」など。

写真=(左から)tupera tupera《かおカオス》2020年 作家蔵 撮影・吉次史成 ⓒtupera tupera
tupera tupera《かお10》より《朝田パン介》2020年 作家蔵 撮影・阿部高之 ⓒtupera tupera

内容 tupera tuperaのかおてん.
日時 11月7日まで
あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)
当選者数 ペア5組(応募多数時は抽選)
締め切り 10月4日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • OYS WEBSTORE
  • 学ント