京都 息づくモダン建築――京都市京セラ美術館に10人招待

2021年11月08日 | 募集終了

 京都で明治時代以降に建てられた建築物を紹介する展覧会「モダン建築の京都」が、京都市京セラ美術館で、12月26日まで開かれている。わいず倶楽部会員10人を招待する。11月15日までに申し込む。

 京都を代表するモダン建築の一つである同美術館を含めて36件のプロジェクトをテーマごとに展示。「古都の再生と近代」では、琵琶湖疏水(そすい)と旧御所水道ポンプ室、「和と洋を紡ぐ」では聴竹居(旧藤井厚二邸)、「都市文化とモダン」では進々堂(現・進々堂京大北門前)など、現存する銀行や学校、役所などのモダン建築を、図面や模型、家具などで紹介する。

写真=帝国京都博物館(現・京都国立博物館)柱頭装飾木彫原型 1895年頃、重要文化財、京都国立博物館所蔵=同館提供)

内容 モダン建築の京都
日時 12月26日まで
京都市京セラ美術館
当選者数 10人(応募多数時は抽選)
締め切り 11月15日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • OYS WEBSTORE
  • 学ント