人間国宝の器で絶品料理を――来年2月に福岡で「工藝ダイニング」

2021年12月20日 | イベント

 人間国宝らが作った「器」で一流の料理を味わうツアー「工藝(こうげい)ダイニング」が、2022年2月5日から1泊2日で、福岡市で行われる。

 読売新聞と文化庁、宮内庁が協力して日本の美を守り伝える「紡ぐプロジェクト」の一環として企画。

 九州在住の人間国宝、今泉今右衛門さん(色絵磁器)、鈴田滋人さん(木版摺更紗=もくはんずりさらさ=)、福島善三さん(小石原焼)、進行役の室瀬和美さん(蒔絵=まきえ=)によるトークイベントや、筑前琵琶の演奏も予定されている。

 JR新大阪駅午前11時30分集合。新幹線で博多駅に向かい、午後4時からミシュランガイド二つ星の料亭「嵯峨野」で工芸作品の展示販売、同5時からトークイベント、同6時から筑前琵琶の演奏と食事を楽しむ。お土産として今泉さんか福島さんが制作した酒器一つを持ち帰ることができる。2日目は福岡三越で開催中の日本伝統工芸展を見て、自由行動。午後6時45分頃帰着予定。

 費用は1人19万9000円(1泊2食付き)で、わいず倶楽部会員は5000円引き。申し込み、問い合わせは工藝ダイニング事務局(090・9134・7503。土日、祝日を除く午前9時30分~午後5時30分)へ。

写真=(左から)今泉今右衛門さん、福島善三さん(いずれもMOA美術館提供)

内容 工藝ダイニング
日時 2022年2月5日から1泊2日
JR新大阪駅午前11時30分集合
参加費 1人19万9000円(1泊2食付き)
わいず倶楽部会員は5000円引き
申し込み・
問い合わせ
工藝ダイニング事務局
090・9134・7503
(土日、祝日を除く午前9時30分~午後5時30分)
※お申し込みの際は、わいず倶楽部会員番号をご用意下さい。

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

⇒読売旅行のホームページはこちら
※WEB申し込みのお客様は、備考欄にわいず倶楽部会員番号の記載をお願い致します。

PR

  • OYS WEBSTORE
  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • 三井住友トラスト・カード
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • 10周年の歩み
  • 学ント
  • 大阪読売サービス