eスポーツ いざ体験――2月9日に大阪の施設でイベント

2022年01月10日 | 募集終了

 わいず倶楽部は2月9日、コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」や、デジタル技術を学ぶ施設「REDEE」(大阪府吹田市)の見学・体験ツアーを、会員限定で開催する。

 eスポーツは世界的に広がっており、国際大会も多く開かれている。頭や指先を使うことから認知機能の改善にも効果があるとされ、コロナ禍でもコミュニケーションが取りやすいことや、1970年代に「スペースインベーダー」を楽しんだ経験がある人がなじみやすいことなどから、高齢者にも人気が高まっている。

 REDEEは万博記念公園内にあり、ゲームを楽しむだけではなく、プログラミングや動画作成・配信など、デジタル技術や知識を身に付けることができる。

 ツアーは午後1時に開始。施設内を見学したあと、シミュレーターでカーレースを楽しむ「eスポーツ」、タブレット端末を使った「ドローン操縦」、ロボットを組み立てて動きや音をつける「レゴプログラミング」のどれか一つを選んで体験する。

 参加費は施設の入館料として2000円。定員20人。希望者は17日までに申し込む。

写真=本格的なレースゲームが体験できるシミュレーター(REDEE提供)

内容 eスポーツや、デジタル技術を学ぶ施設「REDEE」の見学・体験ツアー
日時 2月9日
午後1時にツアー開始
定員 20人(応募多数時は抽選)
参加費 2000円(入館料)
締め切り 1月17日
備考 施設内を見学したあと、
「eスポーツ」「ドローン操縦」「レゴプログラミング」の
どれか一つを選んで体験する

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 休暇村
  • 10周年の歩み
  • すくすく新聞
  • 学ント
  • 記念日の新聞
  • 三井住友トラスト・カード
  • OYS WEBSTORE
  • 大阪読売サービス