<農家レストランへ行こう>③「ひだまり」(大阪府能勢町) 都心近くで 自然の恵みいただきます

2022年09月19日 | 農家レストランへ行こう

 

「ひだまり」(大阪府能勢町) 都心近くで 自然の恵みいただきます

 「ひだまり」は、道の駅「能勢(くりの郷)」内にあるレストラン。毎日、町内から届く地元食材を使った定食や丼などが人気です。定食に添えられる総菜は、季節の食材にこだわっていて、秋ならナスやシシトウ、栗など、その日の入荷によってメニューを変えています。

 この日の主役は、鶏肉を使った豆腐ハンバーグと、ナスやサツマイモ、シシトウなどの素揚げでした。サラダやご飯も、もちろん地元産で、味噌汁に使うみそや漬物は店で手作りしているそうです。

(「ひだまり」の楽しい動画は、こちら

 2000年の開店当初から調理を担当する本田千栄子さん(79)は「大阪府内でも、シャキシャキとしてみずみずしい野菜や、しっとりした鶏肉を楽しんでもらえます」と胸を張ります。

 都心近くで豊かな自然を味わえるのが人気といい、一日300食以上出ることもあるそうです。

 お客さんがテーブルの上に残してくれたメモ書きの「とてもおいしかった。ありがとう」の言葉を胸に、新メニューの開発にも余念がありません。


 道の駅「能勢(くりの里)」は、緑の山々に囲まれ、すぐそばを小川が流れる自然豊かな場所にあります。
 

 道の駅内の観光物産センターでは、野菜や米、豆腐など地元産の食材や、木工品、特産の炭などを販売しています。

 能勢栗のペーストがかかったソフトクリームを目当てに、訪れる人もいるのだとか。

(「ひだまり」の楽しい動画は、こちら

 <アクセス>
 能勢電鉄山下駅から阪急バス平野口で下車。車なら阪神高速池田木部第二ICから北へ約30分。能勢の四季弁当900円(税込み)など。問い合わせは道の駅能勢(072・731・2626)。

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 学ント
  • トリトリと
  • OYS WEBSTORE
  • 大阪発刊70周年記念サイト
  • サカイ引越センター
  • 新聞のちから