クリーン隊「第51回わいずクリーン活動 住吉大社」

2017年01月30日 | クリーン隊

 住吉大社(大阪市住吉区)の「第51回わいずクリーン活動」が1月21日に行われ、昨年を上回る252人の参加者が、初詣客でにぎわった境内を約1時間にわたり清掃した。

 参加者はお祓(はら)いを受けた後、6班に分かれてごみを拾ったり、参道の落ち葉をかき集めたりした。終了後には、神職から神の使いとされるシラサギややたがらすに関する講話を聞いた。

 この日の活動では、境内に落ちているドングリも集められ、奈良市の一般財団法人「奈良の鹿愛護会」へ寄贈された。ドングリは、奈良公園の「鹿苑」で、けがなどで保護されている約300頭の餌になる。

 クリーン活動の参加者は「年初の行事に参加すると、すがすがしい気持ちになる」「ドングリのプレゼントに鹿も喜びますね」などと話していた。

写真=(左から) 太鼓橋近くの参道を清掃するわいず会員(住吉大社で)、ドングリを寄贈するクリーン隊のメンバーら(奈良公園の鹿苑で)

PR

  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター