ウォーク部 2012年5月26日

2012年05月26日 | ウォーク部

 わいず倶楽部は5月26日、兵庫県伊丹市で「わいずウォーク 伊丹バラ園と初夏の緑を楽しむ」を実施した。209人が参加し、晴天のもと、花をめでたり史跡を訪ねたりする約9キロのコースを歩いた。

 最初に訪ねたのは、1.7ヘクタールの敷地に約250種1万本が咲く荒牧バラ公園。参加者たちは「いい香り」などと声を上げ、南欧風に演出された園内を巡りながら、赤や黄、白、ピンクの花々を楽しみ、写真を撮っていた=写真=。

 昆陽池公園に移り、クヌギやコナラ、カシの森の緑を満喫し、池に浮かぶハクチョウを観察。奈良時代の遺構である伊丹廃寺跡(国史跡)や、かつて城郭があった場所で土塁などが周囲に残っている猪名野神社にも足を運んだ。

 大阪市淀川区の林美津代さん(67)は「バラの花や緑にふれ、気持ちがすっきりしました。名所も回ることができ充実した1日になりました」と話していた。

PR

  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター