バリアフリーリフォームを考えるセミナーをパナソニックと開催

2017年12月04日 | イベント報告

 わいず倶楽部は、パナソニックのショールーム「パナソニックセンター大阪」(大阪市北区、グランフロント大阪南館内)と共催で、わいず会員限定のセミナー「失敗しないバリアフリーリフォーム」を11月22日の午前と午後の2回、同センターで開いた。会員計24人が自立支援を目的としたリフォームの実例を学んだ。
 
 セミナーでは、住環境プランナーの上中学さんが家庭内の事故防止策のほか、浴室やトイレの改装例を示した。「住環境の改善で介助が楽になり、車いすでも自宅で過ごせるとゆとりが生まれる」とし、いきいきとした暮らしに役立つリフォームを提案した。

 兵庫県篠山市の酒井康夫さん(74)は「高齢の母が車いすでも生活がしやすいように敷居などの段差を解消できないか考えています。参考になりました」と話していた。


写真=バリアフリー対応の浴室を見学する参加者たち(大阪市北区のパナソニックセンター大阪で)

PR

  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞