ウォーク部 2015年3月28日

2015年03月28日 | ウォーク部

平家ゆかりの地 189人巡る
 神戸市兵庫区で平家ゆかりの地を巡る第31回わいずウォークが3月28日に行われ、快晴で暖かい日差しの中、189人が参加した。

 1180年の福原遷都の際に安徳天皇の行在所となった荒田八幡神社などで、幼くして亡くなった天皇をしのび、平清盛が港の防波堤となる島造りの計画を練ったとされる祇園神社では、88段の急な石段を上って市街地を見下ろした。清盛のおいの通盛(みちもり)と妻の別れの場となった氷室神社や、2人を供養する比翼塚がある願成寺では、平家物語の世界に思いをはせていた。

 兵庫県伊丹市の西田勝さん(64)は「NHKの大河ドラマで清盛が登場したとき、海岸部の史跡を巡りましたが、今日は山手を訪問し、祇園神社で港を一望することができました」と喜び、大阪市旭区の東春己さん(73)も「神戸市内のウォーキングは初めてで、楽しめました」と話していた。

写真=祇園神社の急な石段を上る会員ら

PR

  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター