ウォーク部 2016年5月28日

2016年05月28日 | ウォーク部

樟葉~男山、上り坂なんの6キロウォークに216人
 「第36回わいずウォーク」が5月28日に行われ、会員216人が大阪府枚方市楠葉から京都府八幡市の男山の展望台まで、上り坂の多い約6キロの道のりを歩いた。

 午前9時30分に京阪本線・樟葉駅近くの公園で開始式を行った後、6班ごとに出発。道中5か所のポイントで、ウォーク部のスタッフがその地の歴史を説明した。耳の不自由な参加者には手話サポート隊が通訳したり、用意した説明文を掲げたりして手助けした。

 続古今和歌集に、月の名所として詠まれた枚方市の鏡伝池では、見頃を迎えたハナショウブやスイレンを眺めながら歩いた。交野天神社の樟葉宮跡では、ウォーク部アドバイザーの畑中一一(かずいち)さんが、継体天皇の即位の経緯などを解説した。

 八幡市に入った参加者は、竹林を抜け、国宝・石清水八幡宮の近くにある展望台に次々にゴールした。大阪府豊中市の芳尾了祐さん(72)は「上りの多いコースは少し大変だったが、展望台からの眺望はすばらしかった。感動した」と喜んでいた。

 この日は、熊本地震被災者救済のための募金活動もあり、参加者から2万8498円の義援金が集まった。義援金は、読売光と愛の事業団を通じて被災地に送られる。

PR

  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス