クリーン隊 2016年5月2日

2016年05月02日 | クリーン隊

石清水八幡宮で第48回わいずクリーン活動

231人が心も晴れやかに清掃 熊本地震救援募金も
 「第48回わいずクリーン活動」が4月23日、2月に国宝に指定された京都府八幡市の石清水八幡宮で初めて行われ、会員231人が境内や周辺道の清掃に汗を流した。

 午前10時からの開始式で神職から安全祈願を受けたあと、作業を開始。竹ぼうきや火ばさみなどで、ゴミや枯れ葉、雑草などを取り除いた。

 清掃終了後、宮の厚意で、徳川幕府3代将軍・家光が建て替えを完成させた社殿を参拝。お祓(はら)いを受け、通常は非公開になっている織田信長寄進の「黄金の雨樋(あまとい)」や欄間彫刻の「目貫(めぬ)きの猿」を神職から説明を聞きながら見学した。

 奈良県桜井市の吉岡浩二さん(63)は「清掃は運動になるし、普段は入れない場所に行け、説明も聞けてよかった」と笑顔で話した。

 また、この日は参加者から熊本地震救援のための義援金を募った。3万6729円が集まり、読売光と愛の事業団を通じて被災地へ送る。

写真=境内の落ち葉などを拾い集める会員たち(京都府八幡市の石清水八幡宮で)

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村