クリーン隊 2012年9月29日

2012年09月29日 | クリーン隊

 日本三景・天橋立(京都府宮津市)で9月29日、わいず倶楽部のボランティア清掃「わいずクリーン活動」が行われ、京阪神などから訪れた会員104人が枯れた松葉などを拾い集めた=写真=。天橋立は、全長3.6キロに約8000本の松並木がある白砂青松の景勝地。近年、落ちた松葉で土地の富栄養化が進み、幹の成長に根が追いつかない不安定な木が増えている。2004年の台風23号では、約250本が倒れる被害が出た。

 清掃活動は、富栄養化の原因となる松葉などを取り除き、松並木を守ろうと企画。会員たちは天橋立南側の約1キロ区間で約1時間半、熊手や火ばさみを使い、落ち葉や空き缶などごみ袋約360個分を集めた。

 祖父母の家が京都府京丹後市にあり、幼少時から天橋立に来ている水野進さん(65)(兵庫県明石市)は「地道な活動を続け、美しい景観を未来に残したい」と話した。

PR

  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター