クリーン隊 2012年5月12日

2012年05月12日 | クリーン隊

 世界一のつり橋・明石海峡大橋の神戸側のたもとに広がる兵庫県立舞子公園(神戸市垂水区)で12日、わいず倶楽部の会員117人が清掃ボランティアを行った。

 2008年に発足した「わいずクリーン隊」の29回目の活動。1900年開園の同公園は「日本の歴史公園100選」の一つで、年間約150万人が訪れる。会員たちはこの日午前10時に集合し、6班に分かれて約1500本並ぶ松林を中心に活動。竹ぼうきや熊手を使い、約2時間半かけてゴミ袋約280袋分の松葉や枝、松ぼっくりなどを拾い集めた。

 聴覚障害のある同市中央区の林紀子さん(70)は、手話サポート隊と一緒に初めて参加。「公園には10年ほど前にも来たことがあり、美しい松林は印象に残っていた。運動がてらに参加したが、みんながニコニコと動いているのを見て、自分も気分良く掃除が出来た」と手話で話した。

写真=ボランティアで松林の清掃をするわいず倶楽部会員たち(12日、神戸市垂水区で)=菊政哲也撮影

PR

  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞