石清水八幡宮をきれいに 92人が本殿参拝・祈祷も

2018年11月26日 | クリーン隊

 「第58回わいずクリーン活動」が17日、京都府八幡市の石清水八幡宮で行われた。会員92人が爽やかな天気のもと、2016年に国宝に指定された本殿周辺や参道を清掃した。同宮での活動は3年連続3回目。

 午前10時に開始式を行った後、6班ごとに担当区域に移動し、作業に着手。七五三詣でなどで訪れた参拝客の邪魔にならないよう、竹ぼうきや火ばさみなどで、ゴミや枯れ葉、雑草などを取り除いた。

 終了後、宮の厚意で本殿を参拝し、祈祷(きとう)を受けた。神職の案内で、社殿に施された動物や植物の彫刻、織田信長寄進の「黄金の雨樋(あまどい)」などを見て回った。

 初めて参加した大阪府高槻市の中村あつ子さんは「お世話になったお返しと思って来たが、本殿を案内してもらうなど、逆に多くのものをいただきました」と笑顔だった。

写真=石清水八幡宮・南総門の前を清掃するわいず会員(京都府八幡市で)

PR

  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター