甘いニンジンを収穫するなど39人が大阪・岸和田を満喫

2018年12月24日 | イベント報告

 大阪府岸和田市を訪れる「岸和田満喫ツアー」が18日あり、わいず会員39人が地元産の甘いニンジン「彩誉(あやほまれ)」の収穫体験などを楽しんだ。

 ツアーは、地元生産者や岸和田商工会議所の協力で3年連続の開催。彩誉は長さ16~19センチで、糖度が10を超えることもあるニンジンで、毎年「糖度コンテスト」も開かれている。

 参加者は、南海本線岸和田駅で集合。「岸和田だんじり会館」を見学し、祭りの歴史に触れた後、農産物直売所「愛彩(あいさい)ランド」へバスで移動。同ランド内のレストランで、彩誉の100%ジュースや彩誉を使ったきんぴらなどの料理を味わった。

 食事後、若手生産者でつくる「4Hクラブ」が管理する農園で、彩誉の収穫を体験。10本の持ち帰りが可能で、“大物”を引き抜いては袋いっぱいにニンジンを詰め込んでいた。

 最後に、1818年(文政元年)創業の「井坂酒造場」を訪れ、酒蔵で酒造りの説明を聞き、新酒を試飲した。

写真=収穫した「彩誉」を手に笑顔の会員たち(大阪府岸和田市で)

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 記念日の新聞