俳句を楽しむ会 2016年10月21日

2016年10月21日 | 俳句を楽しむ会

京都・梅小路公園で深まる秋感じながら吟行
 わいず倶楽部の「第9回俳句吟行会」が10月21日、京都市下京区の梅小路公園内にある「朱雀の庭」「いのちの森」で開かれ、参加者48人が爽やかな秋の風景を詠んだ。

 参加者たちは、紅葉が色づき始めた池泉回遊式日本庭園、アカマツ林が生い茂るビオトープを巡り、同倶楽部の部活動「俳句を楽しむ会」メンバーから季語や創作のアドバイスを受けながら、2句を作った。

 その後、読売新聞京都総局(中京区)に集合し、同会代表の中原一宏さんが参加者らの作品を講評。「景色を共有しているはずなのに、違った俳句が出来上がるのが吟行の良さ。皆で切磋琢磨(せっさたくま)しましょう」と話した。

 京都府京田辺市の前悦子さん(69)は「初めて参加しました。自分の本心を出せるところが俳句の魅力ですね」と笑顔だった。

写真=朱雀の庭を吟行する会員たち(京都市下京区の梅小路公園で)

PR

  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村