懐かしのフォーク大合唱

2019年02月25日 | イベント報告

 1960年代後半から70年代にかけて日本の音楽シーンを席巻したフォークソングを楽しむイベント「みんなで歌おう!懐かしのフォークライブ」が1日夜、大阪・梅田のライブハウス「ボニーラ」で開催された。会員ら100人が会場を埋め、青春時代の歌を楽しんだ。

 わいず倶楽部が初めて実施した会費制のライブで、定員の約4倍の応募があった。

 わいず倶楽部の音楽活動をサポートしているアロージャズオーケストラ(AJO)の西田武生プロデューサーの司会で進行。AJOのサックス奏者で、アカペラグループ「Be in Voices」のリーダー・泉かずしげさんと、ボーカリストやまもとゆうこさんが、「澤雅一&ダメダメ倶楽部バンド」の演奏で全21曲を披露した。

 2人が歌う「あの素晴しい愛をもう一度」「帰って来たヨッパライ」などを、参加者らは食事やお酒を楽しみながら口ずさんだ。最後は「翼をください」「岬めぐり」を大合唱。若かりし頃に戻ったように目を輝かせ、楽しんでいた。

写真=懐かしのフォークソングを楽しむ会員たち

PR

  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • 記念日の新聞