姫路プロと上位3人が対決 第3回わいずボウリング大会

2019年09月23日 | イベント報告

 わいず倶楽部の第3回ボウリング大会が2日、大阪府泉大津市の泉大津フタバボウルで開かれ、会員40人が和気あいあいとプレーを楽しんだ。毎回、大会を盛り上げてくれるフタバボウル専属のトッププロ、姫路麗(うらら)さんが、今回は上位3人とエキシビションマッチを行った。白熱したゲーム展開に参加者から大きな拍手が送られた。

 大会は2ゲームトータル(女性ハンデ20点)で競い合った。この間、姫路プロはフロアを回り、サインや写真撮影に気軽に応じた。

 1~3位には、大阪市西淀川区の下村明さん(436点)、和歌山県紀の川市の吉田肇さん(424点)、京都府宇治市の上田宏一さん(415点)が入り、姫路プロと対決。勝負は上田さんが最終フレームまでリードしたが、最後にスペアミスし5点差で敗れた。

 全員に賞品が贈られ、下村さんは「エキシビションでは大勢の人に見つめられて緊張したが、本当に楽しかった」と笑顔だった。

写真=エキシビションマッチを終え、健闘をたたえ合う姫路プロ(右から2人目)と会員たち

※集合写真は、会員ログイン後、左側メニューの「記念写真ダウンロード」のページからご覧いただけます。

PR

  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター
  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞