地域交流会だより 2013年10月22日

2013年10月22日 | 地域交流会

ポイントラリーやゲームに参加

会員交流フェスティバル
 わいず倶楽部は、10月12日に大阪府豊中市の服部緑地で、府レクリエーション協会とともに、「わいず会員交流フェスティバル」を開催し、128人が「ポイントラリー」やゲームなどを楽しんだ。

 ラリーは公園内に設けられたポイントを巡り、途中でゲームや課題に挑戦。8番ポイントではストローを使った笛作りが行われ、なかなか思うように鳴らずに苦戦する姿も見られた。

 また、ミズノの社員で、日本ウオーキング協会専門講師の上野敏文さんが疲れない歩き方として「ナンバ歩き」を指導。「つま先や足首だけでなく、体全体の筋肉を使うのが大切」と呼びかけ、公園内の坂道で参加者が実践した。

 一定の時間で歩くポイントラリーで優勝した堺市南区、中佳寿伸さん(65)は「前のグループに追いついたので、早すぎると思って途中で食事をして調整したのがよかった」と喜んでいた。

写真=上野さん(右端)の指導で、坂道の歩き方を体験する参加者たち

PR

  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 休暇村