住吉大社、今年もすっきり

2020年01月27日 | クリーン隊

 新年恒例の住吉大社(大阪市住吉区)での「わいずクリーン活動」が18日行われ、会員230人が境内を清掃した。

 同大社での清掃活動は12年連続12回目。安全を祈願してお祓(はら)いを受けた後、竹ぼうきや熊手で枯れ葉や松葉をかき集め、ドングリも拾い集めた。終了後、同大社から暦やタオルのお土産が贈られた。参加者たちは「すがすがしい気持ちで、和気あいあいと活動できました」「きれいになって気分がいい」と笑顔だった。

ドングリ寄贈、1トン超える

 クリーン活動で集めたドングリは20日、シカの餌として、奈良市の一般財団法人「奈良の鹿愛護会」へ贈った。今年は過去2番目に多い183キロが集まり、2013年から始めたドングリの寄贈は、累計で1トンを超える1178キロに達した。ドングリは奈良公園内の「鹿苑」に保護されているシカに与えられる。

写真=(左から)住吉大社を清掃するわいず会員ら、寄贈したドングリを計量するわいず会員ら

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • OYS WEBSTORE