お座敷遊びに懐石料理――祇園体験楽しむ

2020年02月03日 | イベント報告

 京都・祇園の魅力を楽しむ「初めての祇園体験」が1月15日、京都市左京区の料亭「岡崎つる家」で行われ、わいず会員38人が参加し、花街の風情を味わった。

 祇園のしきたりや最近の舞妓(まいこ)気質などについて、祇園のお茶屋「京屋」の女将(おかみ)で、スナック「ぎをん てる子」を切り盛りするてる子さんの話を聞いた後、多くの国賓を迎えてきた「岡崎つる家」の京懐石の昼食を味わった。

 舞妓さんによる京舞を鑑賞した後は、ジャンケンに似た「とらとら」というお座敷遊びを体験。同18日にも同様のイベントを開催し、20人がお茶屋体験を楽しんだ。

写真=とらとらを楽しむ参加者たち(1月15日、岡崎つる家で)

PR

  • すくすく新聞
  • OYS WEBSTORE
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村