J.Jプロジェクト 2012年9月18日

2012年09月18日 | J.Jプロジェクト

「J.J-StandardⅢ」まず5曲

 わいず倶楽部事務局などでつくる「J.Jプロジェクト制作委員会」は、3作目となるCDアルバム「J.J―Standard3 夕暮れの我が家~漫画とともに~」(JJS3)の収録曲第1弾として、応募のあった「鉄腕アトム」の主題歌など5曲を選びました。残る6作品(曲)も近日中に選定し、著作権者と交渉してジャズへの編曲作業に入ります。幼い頃から、またお子さんと一緒に親しんだ漫画の名曲の新たな魅力にご期待下さい。ジャケットに載せる題字、写真、メッセージも引き続き募集します。

アトム、巨人の星…胸躍る
 収録準備を進めるのは、テレビ放映などの順に、鉄腕アトム、魔法使いサリー、巨人の星、サザエさん、銀河鉄道999(映画版)の主題歌・テーマ曲の計5曲(表参照)。

 今回は、わいず倶楽部会員とFMCOCOLOのリスナーから、1960年代~70年代を中心に、懐かしい漫画・アニメ作品の主題歌などを募った。

 毎週放送のテレビアニメとしては、世界で初めてとされる鉄腕アトムが、まず選ばれた。世代を超えて愛されるキャラクターの代表格であり、誰もが口ずさめるメロディーのジャズアレンジに期待が集まる。

 「今、聴いても元気が出ます」(大阪府東大阪市、69歳・男性)、「初代テレビっ子の私たちの世代は、次々に放映される手塚治虫さんの作品に胸躍らしていました」(岡山県玉野市、55歳・女性)と多くの支持を集めた。

 男性の応募が圧倒的だったのが、巨人の星。「野球の練習に明け暮れていた少年期。不屈の闘志でよみがえってくる主人公に大いに励まされました」(大阪府高槻市、64歳・男性)とスポーツ根性モノを確立した作品の人気をうかがわせた。

 「夕食時に家族でずっと見てました。歌詞がすぐ出てきます」(大阪府八尾市、79歳・女性)と支持されたのはサザエさん。日曜夕方の茶の間のだんらんが多くの人に思い浮かんだようだ。

 わいず世代に近いFMCOCOLOのリスナーも「どれも原曲がすばらしいだけに、アロージャズオーケストラ(AJO)がどんなアレンジでやってくれるか楽しみ」(高槻市、50歳・女性)、「スピード感あふれる演奏をして」(大阪市、49歳・男性)と期待する。

 制作委員会では今後、応募作品の中から、残る6曲を選定、10月中に全11曲を発表し、AJOが演奏する。

JJS3のジャケット用に、皆さんが漫画・アニメに親しんだ頃の写真や、当時の思い出をつづったメッセージ、題字などを募集します。10月9日必着。※募集は終了しました

PR

  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス